北海道札幌市の特注家具の製作・修理・リフォームを行なう有限会社 三島木工。ソファーの張替えや桐タンス等の伝統家具の再生などを手がける。木工一筋50年 家具職人の技
三島木工

木喜工房インターネットショップ

HOME事業案内実績紹介会社案内お問合せ  


 ☆ 桐箪笥(リフォーム)

2013/02/07 
家具の再生・修理

まるで別なものを作るものですから、全部ばらばらにします。(画像1)そこからどの位の材料が取れるか、そしてデザインを起こし、大きな材料を取る為、穴を埋めたり接いだり。あとは、一通りの桐箪笥の工程と全く同じく仕上げました。
I様なりのお母様をご供養をされるためのお仏壇を製作致しました。
桐箪笥をお預かりしましてより、2年程構想を暖めて、この度の製作に辿りつきました。
いっつも思う事は、どんなに古くてもやっぱり無垢材の価値は高いですね。貼っても、接いでも、埋めても無垢材だと材料として使えるんですよ!

材料
材料
桐箪笥をばらばらにて材料の選定をします。とても厚く良質の桐材料が使われていて、ある程度大きい材料を取る事が出来ました。

木取り
木取り
@は本体の芯だし部分を作り
Aは引き出しの底板や、裏板を接ぎ直して
Bは穴を埋めて
それぞれのパーツをしっかり作っていきます。

組み立て
組み立て
予め用意してしてある図面に沿って、材料を加工します。メイン画像の引き出しの上の芯だし(出し入れ自由棚)等も邪魔に成らなく便利に使って頂けます。基本的に特注家具は自分の使い勝手に合わせて作るもですので、一生物にとゆう思いで常に製作させて頂いております。

木釘
木釘
桐で作られている家具や箪笥は、金属の釘ではなく、木釘(檜)で全てを組み上げています。木釘の先に接着剤を付けしっかり打ち込みます。






 
有限会社 三島木工
〒005-0863 札幌市南区常盤338-3
電話011-591-1366 / FAX011-591-9844
 
Copyright(C) 2007 mishima-mokkou All Rights Reserved