北海道札幌市の特注家具の製作・修理・リフォームを行なう有限会社 三島木工。ソファーの張替えや桐タンス等の伝統家具の再生などを手がける。木工一筋50年 家具職人の技
三島木工

木喜工房インターネットショップ

HOME事業案内実績紹介会社案内お問合せ  


 ☆ 皮張一人掛椅子 張替え

2011/11/30 
家具の再生・修理

焦げ茶色の革張りの一人掛け椅子、木の部分に傷が付かないように丁寧に剝がします。
この椅子はウレタンとベルトでクッションを調整していましたので、ベルトを取替え、ウレタンをへたりにくい、そして具合のいいものに作り変えました。
間口も広めで、座の高さも良く大変座り心地のいい、椅子でした。
私共で使っている革は牛革で、とてもしっかりして、厚みがあり、座った人をきちんと受け止めてくれます。
革の場合はたまに、保革油を施してあげると一層汚れにくく、艶もでて、長持ちすると思います。水ぶきはあまりしないほうがいいらしいですよ!

木枠
木枠
とてもシンプルな木柄です。
でも座るととても楽で、座り心地のいい椅子でした。

ベルト
ベルト
前に張ってあったベルトと、張替えたものは時代と共に素材も変わっていて、丈夫になっています。
北海道では椅子資材も、なかなかそろい難くなっております。

座布
座布
この部分は座の裏側(下)になる所で、中央のピンクの部分は布を使い空気抜きを目的としています。

ここがポイント!
ここがポイント!
上のようなL形のパーツを木柄に止め、その上に座と背のクッション(ファスナーでつないで一体化したもの)を納めます。クッションの硬さ加減が一つのポイントです。






 
有限会社 三島木工
〒005-0863 札幌市南区常盤338-3
電話011-591-1366 / FAX011-591-9844
 
Copyright(C) 2007 mishima-mokkou All Rights Reserved