北海道札幌市の特注家具の製作・修理・リフォームを行なう有限会社 三島木工。ソファーの張替えや桐タンス等の伝統家具の再生などを手がける。木工一筋50年 家具職人の技
三島木工

木喜工房インターネットショップ

HOME事業案内実績紹介会社案内お問合せ  


 ☆ リクライニングチェアの張替え

2011/11/14 
家具の再生・修理

リクライニングチェアーの場合は必ず、回る、倒れる為の機械器具がついて、それを全部外して張替えます。
この椅子の場合は小さなパーツが沢山あり見た感じより、張資材が沢山かかったようです。お預かりした時と全く同じデザインに仕上げます。
古い布を剝がしていくうちMedo in dennmrkuと書いてありました。
サイズがとても大きくてゆったりと寝られる椅子です。
やはり日本ではあまりないデザインのようなきがします。少し困ったことは、外国のビスのねじやまが合わないのがありますね・・・・。 

お預かり
お預かり
この度一軒屋を立てられたお客様、この機会に張替えを決心されたそうです。
結構使い込んでいて、すりへっていたり変色、汚れがめだっていました。

座と肘掛の部分
座と肘掛の部分
私共の張替えはこのように殆ど全部ばらして、最初から作り直しをしています。椅子の場合木の部分を作るのを木柄屋さん、張をする人を張屋さんと言います。両方勉強してきたので今、良かったとおもいます。

前にも書きましたがこのように(椅子によって器具は様々)金物で器具が付いています。それを取りはずすときにネジ山があわないと困ってしまいます。(特に外国のものは.....」)

背 完成
背 完成
リクライニングの場合はここに背と頭がくるので寝心地、使い心地の良しあしにかかわってくる、結構大事な部分になります。背の部分はシッカリと体を受け止め、頭の部分はそれよりやや柔らかめに張別けます。






 
有限会社 三島木工
〒005-0863 札幌市南区常盤338-3
電話011-591-1366 / FAX011-591-9844
 
Copyright(C) 2007 mishima-mokkou All Rights Reserved