北海道札幌市の特注家具の製作・修理・リフォームを行なう有限会社 三島木工。ソファーの張替えや桐タンス等の伝統家具の再生などを手がける。木工一筋50年 家具職人の技
三島木工

木喜工房インターネットショップ

HOME事業案内実績紹介会社案内お問合せ  


 ☆ 一人掛けの椅子(2脚)・張替え

2011/06/29 
家具の再生・修理

一人掛けの椅子の張替えのご依頼です。全部で2脚お預りいたしました。
一度全てばらしてスプリングの下のベルトから新たに付け替えました。スプリングの上にあるクッションは少しつぶれてましたので、新たに少し厚めに付け替えました。
以前はバネを使ってクッションを調整していました。いまのウレタンとちがい、へたりが少なく、使い込むほど具合が良くなります。作り方もぜんぜん違いますがね・・・・

お預りした時の状態。
お預りした時の状態。
全部で2脚お預りいたしました。
そのうち一脚は座面の下が破れ、ベルトもスプリングも落ちてきてしまっていました。

はがし中。
はがし中。
一度すべてバラして使えるもの、使えないものに分けて、老朽化しているものは取替えます。
布の下には最近見ることの少なくなった馬毛(ばもう)が入っていました。

バネ張り。
バネ張り。
木枠にベルトを張り、スプリングを縫い付けていきます。縫い付けられたスプリングは上部を糸で固定しつつ高さを揃えて座面の弾力や沈み具合を調節します。その上から麻布を張り、クッションを載せる前に藁で土手と呼ばれえる部分を作っていきます。

布張り。
布張り。
クッションを載せたら布を張っていきます。しわにならないように、歪んでしまわないように、布の目を見ながら真っ直ぐに張ります。






 
有限会社 三島木工
〒005-0863 札幌市南区常盤338-3
電話011-591-1366 / FAX011-591-9844
 
Copyright(C) 2007 mishima-mokkou All Rights Reserved