北海道札幌市の特注家具の製作・修理・リフォームを行なう有限会社 三島木工。ソファーの張替えや桐タンス等の伝統家具の再生などを手がける。木工一筋50年 家具職人の技
三島木工

木喜工房インターネットショップ

HOME事業案内実績紹介会社案内お問合せ  


 ☆ 鏡台の修理・塗りなおし

2011/03/23 
家具の再生・修理

鏡台の修理と塗りなおしのご依頼です。
天板も化粧品で色が変色しており、鏡台の側部分は
角から化粧板がはがれてしまってきていました。
ですから一度はがして新しい板を張り替え、再度塗装いたしました。
←左の写真は完成した状態の写真です。

お預りした時の状態。
お預りした時の状態。
天板の塗装が化粧品等で変色してしまい、色にムラが出来てしまっていました。

作業中。
作業中。
側は、化粧板が角からはがれてしまっており、度合いがひどいものは、かけていなくとも広範囲に浮いてきてしまっていました。
ですから木を継ぎ足しての補修ではなく、一度全てはがして新たに薄い板を貼り付けました。

塗装中。
塗装中。
塗装は厚く綺麗に乗せる為に何度も塗り重ねていきます。その時、次の塗装をより綺麗に乗せる為に毎回ヤスリで表面をならしながら重ねていきます。

天板の塗装。
天板の塗装。
上の写真が塗装前、下が塗装後(完成した時の状態)です。
傷や塗膜がもろくなっている部分から、木が汚れを吸い取ってしまっている為、塗装をはがしても木の色むらはとりきることは難しく、塗装はそれらの色が目立たなくなるまで塗り重ねますので、少し濃くなってしまいますが、
しかし傷・むら共に綺麗に仕上がりますよ!(新品同様)






 
有限会社 三島木工
〒005-0863 札幌市南区常盤338-3
電話011-591-1366 / FAX011-591-9844
 
Copyright(C) 2007 mishima-mokkou All Rights Reserved